日々のこと、ボードゲームのこと

主に夫婦で遊んでいるボードゲームのことを中心に、思うままに綴っています

R・L・スティーブンソン『びんの悪魔』を読む

最近購入してよく遊んでいるトリックテイキング・ゲーム『ボトルインプ』ですが、このゲームには元になった物語があるというのを聞いていました。

ユニークなゲームなので折角だから原作も読んでみようと思い、早速『びんの悪魔』(原題:The Bottle Imp/R・L・スティーブンソン作/よしだみどり訳/2010年/福音館書店)を開いてみました。

f:id:dodo-argento:20190219212925j:image

…その前にまず写真左、ゲームの方の『ボトルインプ』を簡単に説明すると、

  • 1〜37のカードをプレイヤーに配り切り、基本的に大きな数を出したプレイヤーがトリックに勝ち、出されたカードを勝利点として獲得するというゲーム。
  • ただし「19」のカードだけは配られず、場にある1本のボトルの下に置かれる。その「19」より小さな数は、大きな数より強い。
  • 小さな数で勝ったプレイヤーは、カードと共にボトルを引き取る。
  • そしてその小さな数のカードが、新たにボトルの下に置かれる(=ボトルの新たな値段となる)。
  • 「基本的に大きな数が強いが、ボトルの下のカードより小さな数はもっと強い」という原則の勝負を、手札が無くなるまで繰り返す。
  • 終了時に勝利点の多いプレイヤーの勝ちだが、その時にボトルを持っているプレイヤーは無条件で負けになる。

…というもの。

つまり、小さい数字を利用して点を稼ぎつつも、終わるまでに他の誰かにボトルを引き取らせないといけない。ただしボトルの下のカードの数字(ボトルの値段)はどんどん下がっていくため、他人に取らせるのが次第に困難になっていく…。

とっても難しく悩ましいゲームなのですが、さて原作『びんの悪魔』はどうなっているのだろうと思い、読んでみました。

~~~

『びんの悪魔』は、ある貧しい青年がどんな願いでも叶えてくれるというびん(ボトル)を買うところから始まります。(ふむ、ゲームでのボトルの役割と同じ

しかしそのボトルには、死ぬまで持っていると地獄に落ちてしまうという厄介な側面があるため、願いを叶えたら誰かに譲らなければなりません。(これもゲームと同じ!)

譲るといっても条件があって、買った値段より安い値段で売る必要があります。(ゲームと一緒!!)

青年は願いを叶えたあと無事にボトルを売ることができますが、ある事情からもう一つ願いを叶えてもらう必要が生じました。

そこでボトルを買い戻そうと今の持ち主を頑張って探すのですが、青年を待ち受けていたのは驚くべき事態でした…。

~~~

原作者のR・L・スティーブンソンは『宝島』や『ジキル博士とハイド氏』を書いた人。

短い中に、びんを巡る皮肉の利いた物語が展開されていました。

こうやって原作を読むと、「ボトルは大きな利益をもたらすが、持ち続けていると破滅する」というところがゲームに見事に移植されているのが分かります。素晴らしいですね。

また、2人用ルール「ロパカ」は主人公の友人の名前なのですが、このルールがまたロパカをうまく表しています。

「ロパカ」ルールでは多くの場合、プレイヤーはボトルを引き取ることなくゲームを終えられます。まさにロパカのおかげ。

この辺り、読んでからプレイすると楽しめると思います。

f:id:dodo-argento:20190220010428j:image

カードに描かれている絵も、今なら意味が分かります。

私もオススメされて手に取りましたが、物語を知っているとよりゲームに入り込めますね。

びんの悪魔 (世界傑作童話シリーズ)

びんの悪魔 (世界傑作童話シリーズ)

 

 

旧友と遊ぶ

 

昨日は映画狂時代からの旧友たちが遊びに来てくれました。

とりあえず我が家の庭である東京競馬場をご案内してそこでお昼(定番のKASUYA)を食べてから、ウチでボードゲームを少々。

遊んだのは

  • もっとホイップを!
  • みんなでぽんこつペイント
  • おばけキャッチ
  • クラスク

の4つでした。

 

『もっとホイップを!』は初めて大人数でプレイしたけど、やっぱり面白い!

f:id:dodo-argento:20190218095827j:image

終わってみれば僅差の戦いばかりで、みんな平等に楽しめる感じ。見栄えもいいのでこういう集まりの鉄板ゲームになりそう。(終わってからちゃんとタルト食べました) 

もっとホイップを! 日本語版

もっとホイップを! 日本語版

 

 

ぽんこつペイント』では物に対して持っているそれぞれのイメージや表現方法が違うのが分かって、一作一作に感心させられる。

どれも「なるほど~」と思わせられる作品ばかり。ヒトって面白い!

f:id:dodo-argento:20190218095850j:image

↑ 私の自信作「象」。正面から描いたのポイント高いと思うんだけどな…。奥さんのケッサク「クジラ」という名のフグも写真撮っておくんだった…

 

最後、この一戦が終わったら晩御飯のカレーにしよう!という段になって出たお題が「カレーライス」という展開はちょっと信じられなかった。

みんなでぽんこつペイント

みんなでぽんこつペイント

 

 

『おばけキャッチ』はやっぱり若者の独壇場。最年長者(50代)はただの傍観者と化していた…。

以前もそうだったけど、ゲームというより脳トレ的。

f:id:dodo-argento:20190218100032j:image

 

『クラスク』はまぁ『クラスク』でした。みんな磁石に興味津々。

「球技は苦手!」と言われて、「そうかこれは球技なのか…」と思ったり。

 

以上、ボドゲはこんな感じで軽めにプレイ。

久しぶりに会うと話す方がメインになって、ついボドゲを忘れてしまう。

なので今度また近いうちに集まって、みっちりやりたいと思います。

 

お疲れさまでした。

夫婦ボドゲ18

 

対戦結果

・もっとホイップを!  ●●

カタン  ○○

・聖杯サクセション  

 

買ったばかりの『もっとホイップを!』を早速プレイ。

以前「アソビCafe」で『ニューヨーク・スライス』を遊んだことがあったので、なんとなくルールは覚えていた。

f:id:dodo-argento:20190215103443j:image

やり始めてすぐに思ったけど、これは2人でも充分面白いね。

2人だと4つに切り分けて1人2回取るんだけど、完全に1対1だから当然自分の選択がそのまま相手の勝利点に繫がるわけで、とても悩ましい。

『聖杯サクセション』の感じに少し似ていると思った。

…結果は負け。

初めからバクバク食べすぎたのがいけなかったのかな?

 

2回目も負け。1点差で惜しかったんだけどな…。

f:id:dodo-argento:20190217004407j:image

それにしてもいいデザイン。

コンパクトな箱にずっしりとタイルが入っていて、持ってるだけで満足感がある。

(タイル1枚は薄いので先っぽが折れてしまわないか少し心配ではあるけど)

ちなみに自分は写真の真ん中のモンブラン・タルトが一番好き(美味しそう)。

もっとホイップを! 日本語版

もっとホイップを! 日本語版

 

  

続いて連日の『カタン

リベンジに燃える妻。3連勝で自信をつけてきた私。

序盤の感じでは「負けるかな?」と思ったけど、大丈夫だった。

ぐるぐると道を作ってダミー敵からなんとか最長交易路を取り返すと、その後は資源が潤って勝ち。

自分なりにセオリーを立ててプレイしているのがうまくいってるのかな。

もう少しこのまま行ってみよう。
f:id:dodo-argento:20190215103436j:image

で、日が変わってもう一戦。

今回も自然とメガネ道になった。

f:id:dodo-argento:20190216114709j:image

↑ 気分転換に今回から盗賊は『ボトルインプ』より「悪魔のびん」

 

点差はわずかだったけど、危なげなく勝ち。

これで5連勝。

どんなゲームでも奥さん相手に5連勝なんて滅多にないこと。

…と記憶を辿ってみたら、たぶん『カルカソンヌ』と『チケット・トゥ・ライド』くらい?

負け続けても「もう1回!」となるあたり、やっぱり名作なんだなぁ…と妙に納得。

 

そしてもはや定番となっている『聖杯サクセション』は、また負け。

たった15分ほどなのに、唸るほど悩む。

悩みながら毎回「うわぁ、おもしれぇ…!」と思う。

ほんとに何回やっても面白いので、2人で遊ぶ機会が多い人は是非遊んでみてほしいです。

f:id:dodo-argento:20190216114719j:image

聖杯サクセション

聖杯サクセション