日々のこと、ボードゲームのこと

主に夫婦で遊んでいるボードゲームのことを中心に、思うままに綴っています

ボードゲーム『カタン』2人用ルールの簡単レビュー

よく遊んでいる『カタン』2人用ヴァリアントルール(原作者クラウス・トイバーによる)の簡単なレビューというか感想です。

もう20回くらいプレイしているので書きました。

f:id:dodo-argento:20190418191958j:image

詳しいルールは他のサイト様で確認していただくとして、3、4人プレイと違う点は、

 

1、交渉に代わる手段が用意されている。何でもいいのでお互いコイン(チップ)等を5枚持った状態で始め、それを手番に消費することで「相手の手札から2枚引き、自分の要らない手札を2枚渡す」ということができる。

2、サイコロを手番に2度振って、連続して資源の産出を行う。

3、ダミー駒(中立プレイヤー)を2色配置。プレイヤーが道を1本延ばすと、どちらかの色の中立プレイヤーを選択して同じく1本延ばす。プレイヤーが家を建てると、中立プレイヤーの家も建てる。(最長交易路は中立プレイヤーも獲得できる)

 

…ざっとこれくらい。

一般に2人用ヴァリアントルールなるものは「何とか2人用に落とし込んだ」感じで結局基本ルールには及ばないことが多いけれど、これは遜色がない。というか、2人用の別ゲームとしても相当面白い。

「交渉こそカタン!」という人や、胃がキリキリするようなキツさが好きな人にはあまり向かないだろうけれど、サイコロころころ、資源獲得&変換、版図拡大といった要素をのびのび楽しめる。

手番がすぐに回ってきてサイコロをたくさん振れるし、比較的望みの土地も確保しやすいので、資源不足のストレスもさほどない。

また通常の『カタン』ほど攻撃要素が強くない(集中砲火を受けない)のも好き。

かと言ってユルいということはなく、サイコロを2度振ることで手札のバーストも起こるし、「2人でやるにはボードが広すぎる」なんてことも中立プレイヤーのおかげでさほど感じない。その中立プレイヤーの道の配置にも戦略性が見出せる。

 

あと、妻に2人用ルールの良い点を訊くと、「基本ルールでプレイした時の『リードしていると交渉で不利』という部分が再現されているところ」とのこと。

これはどういうことかと言うと、上記で書いた相手の手札を引くためのコイン(チップ)の必要枚数が、その時点で勝っているプレイヤーは2枚、負けているプレイヤーは1枚ということ。リードしている状況だと有利なカードを得にくくなっている。

確かにその通りで、要するにこの2人用、キツさとユルさのちょうどいいバランスのところで調整されている。

 

もちろん基本ルールの優秀さあってのものだけど、上手に調整されている『カタン』2人用ヴァリアントルール、オススメです。

ちなみに、我が家では1プレイ平均70分くらいです。

★8

カタン スタンダード版

カタン スタンダード版

 

夫婦ボドゲ25 at 高田馬場

高田馬場にある「ゲームショップ とど」で遊んできました。

目的はセール中の『カヴェルナ』を買うためなのですが、5000円以上購入でプレイスペースが3時間無料だったので、気になっていたゲームを試遊。

 

まずは、前からチェックしていたカルタヘナ

牢屋から船まで自分のコマを全て脱出させるゲーム。

コマを「進める/戻す」のシステムがとってもよく出来ていて、思っていた通りのプレイ感。

でもちょっと地味かな。

『イムホテップ』でも感じたような「作業感」があって、あまりワクワクしない。

いや、本当によく出来てるんだけど。

f:id:dodo-argento:20190413182029j:image

 

お次は以前「kurumari」で初プレイして楽しかった『キングドミノ』

あれ以来買おうかどうか迷っていたので、改めて。

この前は5×5が埋まらなかったので、今回はキレイに置くことを目指した。

いい感じでタイルをキープ&配置して…

f:id:dodo-argento:20190413182036j:image

見事完成! ぴったり! 

しかもお城が真ん中。気持ちいい。

f:id:dodo-argento:20190413182022j:image

…しかし、王冠の数が少なすぎてあっさり負け。

王冠、大事。

今日の感触次第では購入検討リストの最上位に来る予定だったけど、やっぱりもう少し様子見。

いまの我々にはちょっと軽すぎるかなと。

 

続いて奥さんがやりたがっていた『文絵のために』

メーカーさんの紹介文には

ループ体験型マルチエンディング2人用カードゲーム

とあって、互いに相手に見えない状態で手札を持ち、文絵の死を回避できるように色々な効果のあるカードを切っていく、って感じのゲーム。

手探りで1回やってみたけど、あっさり死なせてしまった…。

これは1回やっただけの理解が足りないであろう状態での感想なんだけど、文絵や友人たちのいろんな人間関係というテーマと、「山札をシャッフル」等のカード効果の機械的な感じがどうも釣り合っていない気がした。

やり込んでいけば、また違った楽しさが見えてくるのだろう。

f:id:dodo-argento:20190413182018j:image

 

最後は『サグラダ』

振ったサイコロをステンドグラスを模した自分のボードに配置していくパズルゲーム。

カラフルなサイコロをたくさん振れて、適度に悩みどころがあって、とてもキャッチー。

意外にボードが小さく、出来上がったステンドグラスにホンモノの大聖堂のような壮麗さはない。いや、そんなの当たり前なんだけど、もう少し大きければ…とは何度も思った。

手の大きい男の人なんかは、真ん中のサイコロを取ったりするの、結構大変だと思う。

あと、美的感覚を競うゲームではないので、勝ったからといってそれが美しいステンドグラスだとは限らない。

楽しいからいいけどね。

f:id:dodo-argento:20190413182033j:image

サグラダ 日本語版

サグラダ 日本語版

 

 ~~~~~

というわけで対戦結果!

カルタヘナ  

・キングドミノ  

・文絵のために(協力ゲーム)  クリアならず

・サグラダ  

~~~~~

初めて行った「ゲームショップ とど」は、他の卓もとても盛り上がっておりました。

決して広くないスペースに満席状態だったけれど、人いきれが凄いということはなく、快適に遊べました。(換気と空調がいいのかな)

気軽にゲームを試せて、近所に欲しいようなお店でした。

 

念願の『カヴェルナ』を抱えて、新宿でカレーを食べて帰宅。

満足。

f:id:dodo-argento:20190413182025j:image

夫婦ボドゲ24

忙しくて全然更新できてない対戦結果。

ひと月くらい前のもあるかな。

 

・聖杯サクセション  ●○

ロードオブザリング:対決  ●○

・もっとホイップを!  

・宝石の煌き  

コンコルディア  

・ラブレター   ●●●●●●●●●●○○●

・クラスク  

テラフォーミング・マーズ(ヘラス)  

・ニムト  ▲

・ラー  

 

『聖杯サクセション』はいつも一進一退の攻防でスリリング。

いまだに飽きませんね。

f:id:dodo-argento:20190402223844j:image

『もっとホイップを!』は35対32で勝ち。

f:id:dodo-argento:20190402104108j:image

こういう「数字のバランスを読むゲーム」って前から得意というか、苦にならず勝てることが多い気がする。『ハゲタカのえじき』とか。

それにしてもこのゲームは2人でもすごく良い。

ご夫婦カップルご兄弟、幅広くお勧めできる。

もっとホイップを! 日本語版

もっとホイップを! 日本語版

 

 

ロード・オブ・ザ・リング:対決』は初めて旅の仲間陣営で勝利。

f:id:dodo-argento:20190402104103j:image

最後フロドとピピンだけになってから頭使ったなぁ。

終盤、残った敵の中にシェロブがいると厄介だということが分かった。

いちいちゴンドールに戻ってこられると敵わん。

 

久しぶりの『宝石の煌き』は15対15で獲得カード枚数勝負(少ない方が勝ち)。

結果は12枚-11枚という僅差で負け。

緑が場に全然出なくて、2人とも貴族タイルを1枚も取れないジリジリとした戦いだった。
f:id:dodo-argento:20190402104055j:image

コンコルディアはこの時が初プレイかな。
f:id:dodo-argento:20190402104050j:image

何をやって点を取ればいいのか分からなくて手探りのプレイ。

お互い初めてなのになぜか96対154のボロ負け。

一見のゲームにやたら強い妻。

 

唐突に『クラスク』も。
f:id:dodo-argento:20190402104117j:image

最近は自分の方が強くて手応えがないね()

 

テラフォーミング・マーズ』初ヘラスマップ。
f:id:dodo-argento:20190402104112j:image

マップが違うだけでこんなにプレイ感も変わるのかという感じ。

あと称号と褒賞の違いもかなり大きい。

カードを切りやすい「インベントリクス」で称号を早々に独占できたのが良かった。(相手はエコライン)
f:id:dodo-argento:20190402104123j:image

結果は3点差の勝利。

科学タグがたくさん来た運もあったね。

 

『ニムト』25周年版初プレイ。

f:id:dodo-argento:20190402104257j:image

新規特殊カードはかなり効果が強く、ゲームが大きく変わる。

プレイスピードも落ちるので、まぁオマケ程度の認識でいいのかもしれない。

1回やって引き分けでした。

 

『ラブレター』は詳細省略。

妻が怒涛の10連勝くらいした後、ようやく勝つ。

自分これ下手。どう考えればいいのか未だに分からない。

楽しいからいいけど。

 

『ラー』

やっぱりめっちゃ面白いなぁ。

f:id:dodo-argento:20190404225748j:image

ラー宣言の使いどころを見定めるのがやってて痺れる。

50対50の同点だったけど、太陽駒8-9で負け。

ラー (Ra) 日本語版 ボードゲーム

ラー (Ra) 日本語版 ボードゲーム